終活時に霊園を探しておこう【残った家族の負担を軽減】

お葬式に役立つ情報

手

一般的な流れとサービス

最近では横浜でも核家族化が進んでいるために、家族が病気などで亡くなったときに、お葬式について相談できる人が周囲にいないケースも多いです。しかし横浜の葬儀会社に関する情報サイトが充実しているので、真夜中や休日であっても、信頼できるオペレーターと相談できるでしょう。情報サイトで良い葬儀会社が見つかった場合には、電話で業者と直接打ち合わせて、寝台車の手配を進めることが重要です。寝台車で横浜市内の葬祭場にご遺体を運んでから、葬儀会社の担当者と応接室などで、具体的な手順について話し合うのが次の段階です。家族葬や一日葬の基本料金は決まっていますが、担当者の助言も参考にして、納棺師やハイグレードな祭壇などのオプションを追加するのがポイントです。あらかじめ希望する予算を担当者に伝えると、その中で供花や棺なども選んでくれるので、お葬式の準備も円滑に進められるでしょう。参列者数に合わせてバスを予約したり、食事を手配する必要もありますが、葬儀会社の担当者がすべてサポートしてくれるので安心です。また横浜市内の寺院についての知識も豊富なので、業者が宗派別に僧侶を手配することも可能であり、お葬式の時のマナーについてもアドバイスしてくれるでしょう。一方で賢く葬儀会社のサービスを利用するためには、事前相談会や業者の友の会制度などを積極的に活用することが肝心です。通常よりも3割程度割安な料金で、お葬式に関連したサービスを利用できることが、友の会に入会する一番のメリットです。

Copyright© 2018 終活時に霊園を探しておこう【残った家族の負担を軽減】 All Rights Reserved.