オフィス

賃貸事務所を借りましょう|良いエリアで売り上げが倍に

耐震強度を知る

作業員

会社が保有しているビルなどの建物のチェックをしているでしょうか。大きな建物でも壁が劣化したり、汚れたりするのでチェックする必要があります。汚れやひび割れであれば素人でもわかるのですが、専門家ではないとわからない部分があるので、全く診てもらったことがないのであれば専門家へ建物診断を依頼しましょう。建物診断の専門家ならどの部分が怪しかったり、そこまで問題ではなかったりすることがチェックできます。また、ひび割れや劣化などの状況を確認してどのような修繕や対策が必要になるのか教えてくれます。5年間は診なくても大丈夫なようにして欲しいなどの希望があればどのようにすれば希望が通るのか建物診断の専門家が考えてくれるはずです。長期間何もしていないとなると、そこで仕事をしている人が不快に思ったり、ケガをしてしまったりする可能性があります。
建物を建てたときから劣化は始まります。時間が経てば壁の塗装が剥がれたり、壁の一部が壊れたりします。建てたときの状態がそのまま続くというのはありえません。そういう意味では人間と同じようなものです。人間も年をとるにつれて体力が衰えたり、肌にハリがなくなったりします。人間であれば、体力をつけるために運動をしたり、肌のハリを取り戻すために化粧水をつけたりエステに通ったりします。そのような対策を建物にもする必要があります。例えば、耐震強度が下がってきているのであれば補強をしたり、壁が剥がれているのであれば修理したりすることになります。しっかりと建物診断をするようにしましょう。