終活時に霊園を探しておこう【残った家族の負担を軽減】

手

お葬式に役立つ情報

情報サイトで相談するのが、横浜で葬儀会社を探す場合の基本であり、予算や宗派別に最適なプランを選ぶのが理想的です。業者の担当者のアドバイスを参考にして、お葬式のオプションを追加したり、事前相談会や友の会制度を活用するのが賢い方法です。

葬儀

喪主として心得ておくこと

葬儀に参列者として参加するよりも、することや決め事が多い喪主になると案外と知らないことがあって焦る人も多いです。例えば僧侶への謝礼としてのお布施は、どれくらいの金額でいつ渡せばよいのかをご存知でしょうか。現代では知る機会が、あまりないですが心得ておくといざという時に助かります。

花

終活で申し込もう

奈良で葬儀を行う場合、早めに申し込んでおきましょう。できれば終活として生前時に相談しておくと安心です。そうすれば、じっくりとプランや葬儀会社を比較し、細かな点までこだわりを持って準備をすることができるからです。

葬儀

プランを確認する

多摩区で葬儀を行うには、どんなプランがあるのか、どんな葬儀会社があるのか調べてみましょう。プランは大きく分けて三つあります。一般的なものは家族葬です。しかし、会社の役員クラスなら社葬などの大規模な葬儀になるでしょう。他にはオリジナルプランもあります。

女性

初年度の費用を調べよう

多摩の霊園はとても人気があるので、誰でも利用できるとは限りません。まず、費用を確認しておきましょう。初年度は墓石代も含まれるので100万円以上はかかります。次年度からは管理料が年間でかかることになります。

家族と訪れてみましょう

女性

風光明媚な場所です

自分の最期を想像すると、葬儀の手配や墓石の建立など、家族に負担を掛けたくないと感じる高齢者が増えています。そんな人は自分の納まる霊園を生前に見つけておくとよいでしょう。最近の霊園は風光明媚で、まるで庭園のような美しさがあります。多摩地区にある霊園は管理されていて、常時芝や樹木の手入れがされています。管理棟もあり、墓参りに集まった親族がくつろぐことができるスペースを用意しています。多摩地区は都心からも通いやすく、定期的に墓参りに行くことが可能で、忘れずにいてもらえるメリットがあります。遠隔地に墓石を建てると日々の忙しさからなかなか墓参りに足を運んでもらえないこともあります。アクセスのよい多摩地区ならば車で来ても広い駐車場が完備されているので安心です。また、以前では信仰している宗派によって好きな場所に墓石を作れないことがありましたが、多摩地区の霊園では宗派にこだわらずに墓石を建てることができます。そのため生前に思い描いた形の墓石を作ることも可能です。永代供養をお願いするのなら、家族と一緒に多摩地区の霊園に訪れてみるのもよいでしょう。中には家族が墓石を建てることもあります。生前に建てたお墓には赤字で建立者の名前を掘ります。魂が墓石の中に入ると赤い文字を白い文字に変更して、魂の入っている墓石かどうか識別しています。自分の最期を家族と共にゆっくりと過ごしてもらいたいと感じているのならば、生前建立を考えてみましょう。

Copyright© 2018 終活時に霊園を探しておこう【残った家族の負担を軽減】 All Rights Reserved.